12月12日の学び

データ型の定義 新しいデータ型Shapeの作成は以下の通り 等号"="の後ろの部分を値コンストラクタと呼ぶ 値コンストラクタは新しい型が取りうる値の種類を表す Prelude> data Shape = Circle Float Float Float | Rectangle Float Float Float Float Prelude>…

12月11日の学び

そもそも型は、変数がメモリにアクセスする場合にint型ならXXXバイト、char型ならXXXバイトというようにアクセスするサイズを決めるために用いられると思っていたけど、それだけではないらしい。 型を用いることである種のバグが存在しないことにも繋がるら…

12月9日&10日の学び

最近Haskellばかり書いているな。。 メモ 述語とは真理値を返す関数 map関数 関数とリストを受け取り、その関数をリストの全要素に適用して新しいリストを生成する。 Prelude> map (+3) [1, 5, 3, 1, 6] [4,8,6,4,9] Prelude> map (map (^2)) [[1, 2], [3, 4…

12月8日の学び

ソフトウェアを以下の3通りに分類して考えるのはとても的を得ていると思う。そして大多数のソフトウェアエンジニアが最後の「一般 アプリケーションに従事している」というのもまさにそのとおり。 「基盤系・学術系」 「組み込み系」 「一般アプリケーション…

12月7日の学び

カリー化の例としては、以下のような『2つ引数をとるmaxを以下のように定義しなおす』ことがわかりやすい。 # 引数を1つわたすと、その次の引数を1つ受け取る関数を返す function _max(x){ return function(y){ return x > y ? x : y; } }

12月6日の学び

型と型クラス 両者は別の概念 型クラスのインスタンスが型 Javaで例えるなら「型のSuperクラスが型クラス」というイメージ 数の型クラスである'Numクラス'のインスタンスが'Int' 'Integer' 'Float' 'Double' Prelude> :t 20 20 :: Num p => p Prelude> 20 ::…

12月4日の学び

ファイルの読み書きは直感的にできる ファイルの書き込み Prelude> writeFile "test.txt" "Hello, Haskell!" ファイルの読み込み Prelude> let str = readFile "test.txt" Prelude> str "Hello, Haskell!" Prelude> :t str str :: IO String

12月3日の学び

式と文に明確な定義があるのかは不明だが、少なくとも「式は値を持つ」が「文は値を持たない」と思う。 式の型の確認 :t で型を確認できる :: の記号は「〜の型を持つ」と読む Prelude> :t 'a' 'a' :: Char 関数headは「任意の型のリストを引数に取り、その…

12月2日の学び(プログラミング言語の分類)

プログラミング言語の分類の助けになりそうな概念をつらつらとまとめてみた。 オブジェクト指向とか関数型言語とかは大丈夫そうなのでパス。 自分は型推論がない言語でないとやってられない! 型推論 周囲の文脈から型を推論すること 変数に対する型の記載が…

12月2日の学び①(関数型言語)

関数型言語のメリット 関数型言語だと「関数は当然値を返すだけ」なので、以下のような関数同士を組み合わせて別の関数の作成は容易である。 同じことを手続き型言語でやろうとすれば、できなくはないけどここまで綺麗にはかけない。 doubleMe x = x + x dou…

12月1日の学び(Haskell)

Haskell関連の用語整理 Stack Haskellのパッケージ管理やビルドを実行 パッケージ管理においては下のcabal-installの差し替えとして機能 ビルド実行においてはCabalをバックエンドで利用 動作としてはJavaのMavenに近い? Cabal ビルドシステム cabal-instal…

11月30日の学び(セッション①)

セッションは端末と関連している概念らしい。 やっぱり自前のLinux環境がないと辛い。 セッション セッションはセッションIDという値を共有するプロセスの集まりである 1つのプロセスグループ内のプロセスは同じ値のセッションIDを共有する つまりセッション…

11月29日の学び(プロセスグループ)

リペアレンティング Linux/Unixでは親プロセスが死ぬと子プロセスは「孤児プロセス」として取り扱われる 孤児となってしまったプロセスは即座にinitプロセスの配下に紐付けられ生き続けることができる この動作をリペアレンティングと呼び、カーネルによって…

11月26日の学び(trapコマンド)

trapコマンド 実行中のプロセスに対して送出されたシグナルを補足し、予め指定していた処理を実行するコマンド 使い方としてはシェルスクリプト内部にtrap処理を記載し、実行中のシェルスクリプトに外部からシグナルを送信した際の動作を指定できる trap 'コ…

11月23日の学び

たまにしか使わないのでいつも迷います。。。 リダイレクト 標準入力・標準出力・標準エラー出力の向き先を変更する 1> で標準出力のリダイレクト、2>で標準エラー出力のリダイレクト 1>の1は省略可能 $ ls 存在しないファイル 2> test.txt $ cat test.txt l…

11月21日の学び(React)

Reactを実行した。やはり手を動かさないとわかったという資格はない。 全てコマンドを打つだけで実行できるところに感激した。 「reacのアプリ」と「公開するwebページ」の差分がいまいち見えない。前者は後者の一部にすぎないのでは??? npmをインストー…

11月21日の学び(AWSインスタンス)

AWS

AWSのインスタンスの種類 オンデマンドインスタンス:従量課金・1時間単位で課金される リザーブドインスタンス:全て前払い・1年/3年単位・サーバ用途向け スポットインスタンス:入札形式・安いときはとにかく安い・安価になるけれど、利用するインスタン…

11月18日の学び(React.js)

フロントエンドはそこまで深く踏み込む気はないが動作概要だけでも知っておくこと。 React.jsとは JavaScriptでの開発に用いられるUI用の汎用ライブラリ 比較対象として挙げられるBackbone.jsやAngular.jsとも併用できます。 SPA シングルページアプリケーシ…

11月18日(Node.js)

フロントエンドにはそんなに踏み込む気はないが、簡単にでも手を動かす・動かさないで全然異なるため軽くでも触っておく。 まぁ確かに画面作るのにわざわざJava + Tomcatとかは面倒。。。 Node.jsの概要 JavaScriptで動作するサーバ環境(一般的にはWebサー…

11月17日(Maven)

Mavenプロジェクトを作成するとフォルダ構成やconfigファイルなどが自動で作成される。 Mavenとは 以下のように複数の機能を持つJavaのビルドツール。 プログラムのビルド:コンパイルからjar/warファイルの作成に関する全ての作業 -プログラムのテストと実…

11月15日の学び(コメントの書き方)

コメントの書き方 ソースコードはロジックのみが記載されている。 「実装の内容」に関して記載するよりは(それは読めばわかる)、「なぜその処理を実装しているのか」という理由を書くこと 「実装の内容」を書く場合は個別のメソッドではなく、メソッド全体…

11月14日の学び③(VPC)

AWS

VPC概要 VPCはAWS上のユーザ毎のプライベートなネットワーク環境 VPCはリージョン単位で作成されるため、VPC作成時は最初にリージョンを選択する − VPCは同一リージョン内の複数AZをまたぐことが可能 VPCとインターネットの接続 VPCとインターネットを接続す…

11月14日の学び(リージョンとAZ)②

AWS

リージョン→AZ(アベイラビリティゾーン) リージョン 2016年時点で全世界に13箇所のリージョンが存在 AZ 1つのリージョンには複数のAZが存在 同一リージョン内のAZをまたぐ場合はprivateIPアドレスを利用可能 AWSのサービス 各サービス毎に適用される範囲が…

11月14日の学び①(ELB)

AWS

ELB作成 ELB作成時にロードバランサインスタンスに対して固有のDNS名が割り当てられる(例:myLB-1234567890.us-east-1.elb.amazonaws.com) ロードバランサは一意のDNS名を1つもつ 独自のドメイン名でユーザにアクセスさせたい場合は、DNSにCNAMEを登録でき…

11月13日の学び

AWS

AWSのIPアドレスに関して。Route53は明日。 AWSのプライベートIPアドレス VPCのサブネット内に起動するEC2インスタンスは少なくとも1つのプライベートIPアドレスが割り当てられる EC2インスタンス内部からはプライベートIPアドレスしか確認できない AWSのグ…

11月12日の学び

DB

DBの用語のシーケンス・インデックス・ビューに関して。こういうDB用語の理解が進むとだんだん自信がついてきて大変よろしい!! シーケンス シーケンスは連番となる一意な整数を生成するデータベースのオブジェクト 一般的にシーケンスは、ユーザIDや登録番…

11月11&12日の学び

プロセスの出力先 各プロセスの出力先はプロセス毎に個別に存在する 「/proc/PID/fd/数字」がファイルディスクリプタ 各プロセスの入出力は「/proc/PID/fd/数字」から確認ができる これを利用してバックグラウンドで実行しているプロセスの出力も確認可能 フ…

11月10日の学び

まだまだ経験不足。UMLだけで全てが完結するわけではない。他にどんなツールがあるのだろうか。。。 UML クラス全体の関係性が明瞭になるため、特定のクラスのみが肥大化するのを避けられる 一方個別のメソッドの内部処理が不明のため、特定のメソッドの内部…

11月9日の学び

DB

論理削除と物理削除 論理削除はフラグを設定するだけで削除は行わない。削除後の復元可能。 物理削除は削除を行う。削除後の復元はできない。 2層コミット 複数DBの分散トランザクション処理を実現する方式 複数DB間のトランザクションを1つのトランザクショ…

11月7日の学び

プリミティブ型と参照型 プリミティブ型はObjectを継承していないが、参照型(オブジェクト型)はObjectを継承している プリミティブ型はすべて小文字で始まるが、参照型(オブジェクト型)はすべて大文字で始まる。 プリミティブ型は値しかもたないが、参照…